高齢でも大丈夫|夫婦で不妊を打開しよう!

安心できるところを探す

病院

川崎の産婦人科に通うのなら、対応の良さや評判など、いろいろな視点で比較することが大切です。できるだけ自宅から通いやすいところで探します。また、入院することもあるので、その点も考慮して選択することをお勧めします。

More Detail

母体の変化と豆知識

女性と男性

前駆陣痛や頻尿、出血しやすくなるなどの症状が起これば、それは臨月になっている証拠です。また、骨盤が緩むので妊婦によっては歩きにくくなります。お産が近いので、不要な外出は控え、常に母子健康手帳と健康保険証を持っておくようにしましょう。

More Detail

妊娠しないなと思ったら

医者

なかなか妊娠に至らない夫婦は、大阪で不妊治療を受けるのがおすすめです。治療できる施設として婦人科と不妊治療専門の医院があります。タイング法が一般的な治療方法ですが、それでも妊娠しない場合は、人工授精や体外受精が実施されます。

More Detail

夫婦の協力が大切です

看護師

早めに次のステップに進む

不妊治療をしている方は、高齢になればなるほど治療が難しくなります。最近の医療の進歩により、不妊治療をして高い確率で妊娠出来るようになりました。しかし高齢による子宮の老化には対応出来ないことがあります。結婚するのが遅かった方で、赤ちゃんを希望しているのであればすぐにでも病院に行き先生の指導をうけるようにした方が良いでしょう。しばらく自分達でタイミングを合わせていても、うまくいかないことも多いためです。人工受精や体外受精などの次のステップに進めることをおすすめします。また高齢になると、せっかく妊娠しても流産する可能性も高くなることを知っておきましょう。また高齢の場合は、リスクがともなう出産も多くなるでしょう。

助成金を受け取りましょう

赤ちゃんがどうしても欲しい夫婦は、高齢であっても不妊治療をして授かりたいと願います。しかし不妊治療は高額になるイメージがあるかもしれません。しかし不妊治療に市からの助成金が出るケースもあるので、調べて受け取るようにすると良いでしょう。費用のことで赤ちゃんを諦める必要がなくなるかもしれません。しかし不妊治療は女性の場合はとくに体も心にも負担をかけてしまいます。どのくらい治療を続けていくのかを、夫婦でよく話し合っておくことが大切でしょう。夫婦の仲が悪くならないように進めていくことが何よりも大切です。どちらかに大きな負担がかかる場合には中止する勇気を持つことも大切でしょう。協力しながら不妊治療をするようにしましょう。

Recommended

  • 高齢不妊を根本から治療する方法

    根本的な治療法がありますよ。高齢不妊で困っているならサイトで情報を確かめておくといいですね。詳しくはこちら。